はじめまして

カウンセリング ルーム Nana's Lap(ナナズラップ)です。

「Nana's Lap」に込めた想い


Nanaは、英語圏で「おばあちゃん」の意味。

lapは「膝」「「育む場所」「安全な場所」の意味。


  ~ かつて子供だったすべての大人へ ~


子どもの頃に、親に言えなかったこと、ずっとがまんしていたこと、今でも誰にも話せないことを、おばあちゃんの膝の上で、打ち明けてくれませんか?

おばあちゃんは、どんな話しも最後まで聴きます。おばあちゃんは秘密を絶対に守ります。
あなたの物語(ストーリー)をぜひ聴かせてください。

代表からのご挨拶

“Close to you”(あなたに寄り添う)


今、未来の大切な宝である子ども達が、虐待を受け、死に至ると言う悲しいニュースが後を絶ちません。 その多くが実母・実父、また、継父・継母によるものだそうです。このような不幸がなぜ起こるのでしょうか?

発達障害の我が子を愛せない。
自分も虐待されて育った。
子連れ再婚で、子どもが継父になつかない。
あるいは、再婚相手の子ども(継子)を愛せないなど、ママたちは、様々な心の葛藤を抱えて子育てしていらっしゃいます。


私は思います。

ママたち自身が抱える問題(母親との関係、夫との関係)のとばっちりを受けるのが、一番弱い立場の子どもたちだと。

自分の問題をこども達に背負わせているのだと。

あなたの本当の悩みは、何ですか?

あなたは、本当はどうなりたいのですか?


心理学では「過去と他人は変えられない。変えられるのは、未来と自分だけ。」と言います。

私はあなたと同じ、ままならない子育てで、もがき苦しんだもの同士としてあなたに寄り添い、あなたらしく生きるお手伝いをしたい。 そして、あなたにとってのオンリーワンのカウンセラーでありたいと願っています。



 ”I love you, because you are you.” -カール・ロジャーズ-
  (あなたはあなたのまままでいい。どんなあなたでも私は愛しています。)



日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー 小川容子

経歴

資格 小学校教諭・幼稚園教諭
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー
認知症サポーター
経歴 小学校の養護学級(現、特別支援学級)に、講師として2年間勤務
知的障害・自閉症・ダウン症候群の子どもたちと過ごす。

その後、スポーツクラブで、スイミングインストラクターとして勤務。
その間、結婚・二人の子どもの出産・離婚・子連れ再婚を経験。

再婚時、父親からの反対を受け、絶縁・失職・引っ越しを機に、心の病いに罹る。
5年間の暗いトンネルから抜け出て、いつか自分も助ける側になりたいと心に誓う。

10数年前から、福岡でメディアの仕事を始める。モデルとしテレビ番組やCM・ラジオ・舞台出演などの経験を積む。

モデルの傍ら、留守家庭子ども会の指導員(現、支援員)として、3年間勤務。さまざまな家庭事情を抱えた子ども達との関わりの中で、保護者のカウンセリングの必要性を痛感する。

2014年7月、日本メンタルヘルス協会、衛藤信之先生との出会い。

Nana's Lapについて

オフィス名 Nana's Lap(ナナズ ラップ)
設立 平成28年2月1日
事業内容 心理カウンセリング
住所 福岡県福岡市西区姪浜
電話番号 080-2690-3407
メールアドレス こちらよりご連絡いただけます。
電話受付/カウンセリング時間 受付時間:月曜日~金曜日 10:00~18:00
その他の曜日(応相談):お時間の指定などご相談下さい。
Copyright(c) 2016 Nana's Lap All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com